マッチタイプ

1. Google AdWords

大量の「絞り込み部分一致」キーワードを超簡単に作成する方法

検索広告の効率的な運用には「必須」とも言える「絞り込み部分一致」キーワード。
1. Google AdWords

アドワーズ広告の「類似パターン」が必須になる件について

Googleアドワーズ広告の完全一致やフレーズ一致において、いわゆる「類似パターン」への広告配信が必須になります。
スポンサードサーチ

スポンサードサーチ「対象外キーワード」のマッチタイプ仕様を再確認

ヤフースポンサードサーチ「対象外キーワード」のマッチタイプについて。
スポンサードサーチ

固有名詞の「揺らぎ」配信に対応できていない事実をヤフーが告白

地味に重要な事実をさらりと告白するヤフー。
スポンサードサーチ

リスティング広告の「部分一致」によるマッチングとは何かが一目で理解できる画像

日本よ、これが「部分一致」だ。
8. 予算の管理

広告予算が少ない人ほど「部分一致」を活用すべき

広告予算に余裕がないので、スポンサードサーチは「完全一致」で運用しています、という声を聞くのですが、広告費をあまり掛けられない人ほど「部分一致」を有効活用すべきだと思います。
スポンサードサーチ

【スポンサードサーチ】 キーワードと検索クエリーのマッチング方式改善

以前に告知されていた、スポンサードサーチのキーワードのマッチタイプ「完全一致」「フレーズ一致」に関する引き当てロジック変更が、ようやく実施(2012年6月27日)されました。以下、公式サイトにおける周知です。
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 ひとつのキーワードで【完全一致】と【部分一致】を併用する

スポンサードサーチ広告運用の基本施策として、同じ文字列のキーワードのマッチタイプ違い(「完全一致」と「部分一致」)を異なるキャンペーンで別々に登録するという方法があります。
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 キーワードの【品質】向上には【完全一致】が有利という誤解

スポンサードサーチ Ver.3におけるキーワードの「品質」については、そのキーワードの「クリック率」が大きく影響します。当然、クリック率が高ければ品質が向上し、低ければ低下するわけですが、ここで次のような疑問を抱く方もいるかと思います。
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 【完全一致】【フレーズ一致】のマッチングロジック変更

2012年5月中旬に、スポンサードサーチのキーワードのマッチタイプ「完全一致」「フレーズ一致」について、マッチング(=引き当て)のロジックが変更されます。
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 【完全一致】キーワードが【完全には一致しない】場合アリ

スポンサードサーチ Ver.3におけるキーワードのマッチタイプのひとつ「完全一致」。 一般的な理解としては、登録したキーワードと検索クエリが「完全に同一」である場合に広告が表示されるという解釈になりますが、一部例外もあります。
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 対象外キーワードの【部分一致】を【絶対に避けるべき】理由

<追記あり>
キーワード

スポンサードサーチ Ver.3 【絞り込み部分一致】【フレーズ一致】の使い分け

スポンサードサーチ Ver.3で導入されたキーワード新規マッチタイプの「絞り込み部分一致」「フレーズ一致」ですが、両者の使い分けに注意が必要です。
キーワード

【スポンサードサーチ Ver.3】 のマッチタイプについて

2011年秋に導入される予定の「スポンサードサーチVer.3」ですが、 仕様に関する情報が、徐々に公開されつつあります。
タイトルとURLをコピーしました