地名キーワード入札では「同名異区」に注意する | リスティング広告 運用支援

地名キーワード入札では「同名異区」に注意する

シェアする

賃貸物件や医療機関など、特定地域に密接したサービスでスポンサードサーチ広告を利用する場合、サービス名と地名との掛け合わせキーワードに入札している方も多いと思います。そのような地名キーワードを利用する際の注意点をひとつ。

例えば「港区」という地名。

首都圏在住者にとって「港区」は東京23区でしょうが、愛知県民にとっては名古屋市の「港区」、大阪府民にとっては大阪市の「港区」になるわけです。つまり同じ地名でも、広告閲覧者の居住地によって認識は異なるということです。

こういった場合、地域ターゲティングを設定して広告を表示させるエリアや都道府県を指定するという手もありますが、地域ターゲティングの精度には限界がありますので、広告のテキストによるクリックのフィルタリングがやはり重要になります。

具体的な例として、「東京都港区」の賃貸物件のリスティング広告で、「港区 賃貸」というキーワードに入札するケースであれば、以下のような広告テキストが考えられます。

「港区 賃貸」 の広告サンプル

「東京都港区」の物件情報ですから、「東京都」を強調した広告テキストを用意するわけです。これにより、名古屋市や大阪市の「港区」の賃貸物件を探している人が勘違いしてクリックすることを避ける効果が期待できます。

他にも「中央区」「北区」など同名異区はありますから、同様に注意が必要です。