コンバージョン率

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

YDNに「コンバージョン最適化機能」が実装されます

YDN広告の「運用自動化」推進施策の一環。
1. Google AdWords

リスティング広告の「機会損失」には「2種類」ある

リスティング広告の運用における「機会損失」とは、広告を出稿することで得られるはずの利益を逸している状態を指します。
1. Google AdWords

「選択肢を与えるな」という至言のウラに隠されたもう一つの意味

「アドテック九州」のセッションレポート記事。byマーケジン。
1. Google AdWords

お客様の「不安」を解消すれば、リスティング広告のパフォーマンスは向上する。

商品やサービスが高額になればなるほど、お客様は「不安」を強く感じています。
1. Google AdWords

サイト訪問後の「コンバージョン率」を飛躍的に高める「10のテクニック」

見込み客をウェブサイトに誘導した後、効果的に「コンバージョン」行動を喚起するための「10の方法」を説明した英文記事より。元ネタは4年前に書かれた記事ですが、本質を突いている。
1. Google AdWords

検索連動型広告の「CPAを半減」させる「3つの手順」

検索連動型広告でコンバージョンを獲得できるようになったら、次の段階では「費用対効果の改善」すなわち「CPAを下げる」ことが目標となります。
1. Google AdWords

「なぜ」という広告テキストが検索ユーザーの心に刺さりまくるパターン

昨日の「Yahoo!ニュース」経済トピックス一覧より。
8. 予算の管理

コスト削減の王道は「無駄を省く」ことにある。

企業経営でも、家計の管理でも、コスト削減のため真っ先に推奨されるのは、さまざまな「無駄を省く」取り組みではないでしょうか?
6. 効果測定

「1%」の差を笑うものは、リスティング広告に泣く。

リスティング広告の運用においては、さまざまな効果測定の指標が確率として表示されます。
キーワード

コンバージョン率(CVR)が低いとき、悪いのは入札キーワードなのか?

スポンサードサーチで「コンバージョン率(CVR)」が低いとき、「入札キーワードの選択に問題があるのでしょうか?」と質問される方がいらっしゃいます。
インタレストマッチ

入力フォームのユーザビリティを改善してコンバージョン数を増加させる

リスティング広告におけるコンバージョンの中でも多数派と言えるのが、何らかの「入力フォーム」の情報入力完了をコンバージョンと定めるケースです。インターネット通販の購入手続きはもちろんのこと、資料請求フォームや会員登録なども、このパターンに含ま...
インタレストマッチ

コンバージョン数が減少する原因をロジカルに見極める

リスティング広告の主要目的は、言うまでもなくコンバージョンを獲得して収益を上げることにあります。適切な広告の運用を続けていれば、一定期間に獲得できるコンバージョン数は増加してゆくのが普通ですが、それでも何らかの理由によりコンバージョン数が減...
タイトルとURLをコピーしました