入力フォームのユーザビリティを改善してコンバージョン数を増加させる | リスティング広告 運用支援

入力フォームのユーザビリティを改善してコンバージョン数を増加させる

シェアする

リスティング広告におけるコンバージョンの中でも多数派と言えるのが、何らかの「入力フォーム」の情報入力完了をコンバージョンと定めるケースです。インターネット通販の購入手続きはもちろんのこと、資料請求フォームや会員登録なども、このパターンに含まれます。

入力フォームまで辿り着いたユーザーは、限りなくコンバージョンに近い状態にありますが、それでも油断は禁物。入力を始めた後に離脱してしまう、というユーザーがいることを忘れてはなりません。

アクセス解析のデータを見ていて、「入力フォーム」のページまで到達しているにも関わらず、入力完了の「サンクスページ」を踏んでいない(=コンバージョンが獲得できていない)ユーザーが多い場合、入力フォームのユーザビリティ(使いやすさ)に何らかの問題がある可能性が考えられます。

入力フォームにありがちな問題点

  • 入力すべき内容が分かりづらい
  • 入力項目が多すぎる
  • 入力完了までの一連の流れが不明
  • 英数字の半角全角の指定が分かりづらい
  • 情報入力後のバリデーション時、エラーメッセージの指示が分かりづらい
  • 送信ボタンが分かりづらい(サイズやテキスト表現)

etc.

総じて言えるのは、入力フォームへの情報入力に何らかのストレスを感じた場合、その時点でサイトから立ち去るユーザーは少なくないということです。

コンバージョン率(CVR)が低く、入力フォームの時点で離脱しているユーザーが多いようでしたら、入力フォームの使いやすさを高める工夫をしてみることをお勧めします。入力フォームのユーザビリティ改善により、コンバージョン数が劇的に増加する可能性もあります。