スポンサードサーチ&YDNの広告文で使用可能な「記号」が変更されます | リスティング広告 運用支援

スポンサードサーチ&YDNの広告文で使用可能な「記号」が変更されます

シェアする

変更内容については既報ですが、適用開始日が確定しました。

2014年1月29日(水)」だそうです。

使用可能な記号種別の変更

「スポンサードサーチ」と「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」で、以後使用できる記号が異なる点に注意。

今回の変更点が反映されると、「PC/タブレット/スマートフォン」広告における、新しい「使用可能記号」は以下のようになります。

スポンサードサーチの「広告文」における使用可能記号(2014年1月29日以降)
スポンサードサーチの使用可能記号

YDNの「広告文」における使用可能記号(2014年1月29日以降)
YDNの使用可能記号

とりわけスポンサードサーチに関しては、余計な装飾は削ぎ落として純粋に言葉で勝負、という方向性でしょうか。

つまり、

飾るな。語れ。

承認済みの広告については「2014年3月31日(月)」まで使用できますが、翌「2014年4月1日(火)」になると、強制的に掲載落ちする模様。

審査による「掲載停止」扱いなのか、審査アラート無しで突然インプレッションが消失するのか、そのあたりは不明です。

YDNの「表示URL」文字数変更

また、YDNの「表示URL」に関して、文字数の上限が変更されます。

こちらについては、スポンサードサーチと同じ文字数制限になるだけですから、問題を抱える広告主はいないと思われます。