ヤフーの「ソーシャル連動」広告は実現可能なのか? | リスティング広告 運用支援

ヤフーの「ソーシャル連動」広告は実現可能なのか?

シェアする

Googleがユーザーのプロフィールや写真を広告に利用するそうですが。

これを受けて、ヤフーがGoogleと同じような広告表示を実装してくる可能性はあるのでしょうか?

ひとつ言えるのは、

Facebookとの連携は不可能ではない。

ということです。

Googleと違って自社独自のSNSを持たないヤフーでは、代わりにオープン戦略としてFacebookと提携し、ヤフーの各種サービス内にFacebookの機能を融合させています。

その提携を、Yahoo!プロモーション広告を始めとするヤフー広告の分野に広げてゆく展開は十分に考えられます。Facebookの「いいね」情報を広告に連動させることができれば、その影響力は「Google+」の比ではありません。

また、導入が確実視される「Yahoo!ショッピング」の新しい広告において、ユーザーによる「クチコミ」や「レビュー」の情報を表示させるという施策は、間違いなく打ってくるでしょう。ひょっとすると、その際にもFacebookのログインで「クチコミ」「レビュー」の投稿を可能にしてくるかもしれません。

「eコマース革命宣言」による「Yahoo!ショッピング」の「無料化」における最大の懸念点は、店舗の「質」の維持であることは明白です。したがって、ユーザーによる評価を「質」の維持に活用し、さらには広告の「上位表示」のひとつの条件にする可能性はかなり高いと言えます。