広告文の「人間臭さ」は案外重要なのではないだろうか? | リスティング広告 運用支援

広告文の「人間臭さ」は案外重要なのではないだろうか?

シェアする

リスティング広告において、どのような広告テキストが効果的なのか?

にんげんだもの

もちろん絶対的なファイナルアンサーが存在するわけではない(もしかするとあるのかもしれませんが……私はその境地まで達しておりません)ので、日々の広告運用で試行錯誤を繰り返しているわけですが。

最近思うのですが、広告文の「人間臭さ」って意外と重要なんじゃないかと。

ひとつは、出稿側の「人」が視える広告か否かという点。

ソーシャルメディアの企業アカウントでもそうですが、いわゆる「中の人」が前面に出ているほうが印象に残ります。

商品やサービスの良さ(ユーザに与えるメリット)を伝えることが最重要というのは確か。しかし、その「伝え方」という面において、出稿者の「人」の部分が込められた広告にはある種のアドバンテージが存在するように思いますし、競合他社に対する差別化にもつながるのではないでしょうか。

もうひとつは、広告の受け手であるユーザーの「人」を理解しているかという点。

リスティング広告の運用でターゲティングの概念は必須ですが、単なる「属性」レベルでターゲティングした広告文よりも、ユーザーのペルソナを掘り下げ、その「人」に向けて練り上げた広告テキストのほうがより効果的ですよねー、ということです。

まとめると、広告主&ユーザーという広告の両端にいる「人」の存在を意識して書くことが、効果的な広告文を作成するポイントという結論に。

差別化やターゲティングをとことん突き詰めれば、自然と「人間臭い」広告になるのかもしれませんけど。