「授かり婚」のリスティング広告に別な意味で考えさせられる件 | リスティング広告 運用支援

「授かり婚」のリスティング広告に別な意味で考えさせられる件

シェアする

「anan」の特集で論争になってますが。

結婚の覚悟ってありますが「覚悟」とは好ましくない状況に対して使う言葉じゃね、とか、挙式とつわりが重なったら地獄ぜよ、とか、いろいろと考えさせられますね。

それでも、世の中の賛否両論の声をよそにリスティング広告の入札キーワードとしての需要はあるわけで、スポンサードサーチ広告でも激戦区となっております。

授かり婚」のスポンサードサーチ掲載状況
授かり婚

おめでた婚」のスポンサードサーチ掲載状況
おめでた婚

広告のターゲットは言うまでもなく「授かり婚で挙式したいカップル」ですから、広告文の訴求点としては以下が目立つようです。

  • 挙式の費用が安い
  • 挙式までの準備期間が短い
  • ウェディングドレス等の妊婦オプションが用意されている
  • 子供連れで式が挙げられる

安く早く子供といっしょに! ですね。納得。

で、次に気になるのは世間ではネガティブな意味合いで使われている(と思われる)キーワードに対する入札状況です。

できちゃった婚」のスポンサードサーチ掲載状況
できちゃった婚

デキ婚」のスポンサードサーチ掲載状況
デキ婚

入札キーワードとの適合性重視で「できちゃった婚」ど真ん中の直球勝負の広告もあれば、「授かり婚」「おめでた婚」という比較的ポジティブな表現に言い換えることで、挙式予定者に対する「心遣い」を伝えようとする広告もあります。

各広告主の戦略の違いが見て取れ、マーケティングの視点からも興味深いところですね。

最後に、「キーワード入力補助」や「関連検索ワード」への対策はどうなっているのでしょうか?

授かり婚 離婚率」のスポンサードサーチ掲載状況
授かり婚 離婚率

何なんでしょうか、この幸せと不幸が入り乱れた「人生いろいろあるさ」的な構図は。

離婚弁護士と式場紹介が鎬を削るという、他ではまず見ることの叶わぬカオス極まるマッチメイクぶり。まさに「ザ・混沌」とはこのことかと言わんばかりのバトルロワイヤル。

結婚式場を紹介している広告主の皆さまには「離婚率」の対象外キーワード登録を強く推奨しておきます。いやコンバージョン獲れてるなら聞き流してください。