「検索連動型広告」のシェアがインターネット広告全体の半分を占めているという事実 | リスティング広告 運用支援

「検索連動型広告」のシェアがインターネット広告全体の半分を占めているという事実

シェアする

米国のインターネット広告収入における広告種別ごとのシェアを表したグラフ。

Search Ad Revenues

検索連動型広告のシェアが、ほぼ半分を占めています。

2011年度は「148億ドル(約1兆4800億円)」、2012年度には「169億ドル(約1兆6900億円)」まで上昇。米国におけるサーチマーケティングの存在感には、相変わらずスゴイものがあります。

さて、日本の状況はどうでしょうか?

2日後に予定されている、ヤフーの決算発表が楽しみです。