インターネット検索で「最も危険なキーワード」に対してヤフーが講じるべき対策 | リスティング広告 運用支援

インターネット検索で「最も危険なキーワード」に対してヤフーが講じるべき対策

シェアする

これだけのリーチ数があるという事実に驚愕している。

ログイン

ログインはブックマークからにしろとあれほど……

もちろん、中には「ログインエラーについて調べようetc.」の検索意図も一定数は含まれているのだと思いますが……

だとしても、そりゃフィッシングサイト誘導の検索広告も出稿されるわけだ。

ヤフーはこれらのサーチキーワードでリスト作成して、フィッシングサイト注意喚起のサーチターゲティング広告を配信すべきなのでは? ログインは「ブックマークした公式サイト」からにしましょうね的な。

さらに言うなれば、ログイン系のキーワードで検索したユーザーに対しては、デフォルトで検索結果の最上部にアラートメッセージを表示させたらよいのでは? とも思うわけです。

銀行のATMにも、オレオレ詐欺の啓発ポスターが大仰に貼られている時代ですし、安心安全なインターネット利用に対する大手IT企業の責任といった観点から、そのくらいの施策を講じてもいいんじゃないでしょうか、という元ヤフー従業員からのささやかな提言です。

やりましょう。