「カスタムURL」が掲載審査で否認されるとキーワードの「品質インデックス」がリセット | リスティング広告 運用支援

「カスタムURL」が掲載審査で否認されるとキーワードの「品質インデックス」がリセット

シェアする

キーワードの「カスタムURL」を更新する際の注意点。

情報ソースは、スポンサードサーチのAPIに関するFAQコンテンツ。

Q:キーワードに関して、更新すると品質インデックスがリセットされる項目はどれでしょうか。

A:カスタムURLを更新し、審査が否認になった際にはリセットされます。

キーワードの「カスタムURL」を変更し、そのURLが掲載審査で否認された場合、キーワードの「品質インデックス」が初期化されます。

特に「品質インデックス」の高いキーワードのカスタムURLを変更する際には、掲載不可にならないよう常以上に注意すべきかもしれません。たとえ一度リセットされても、広告運用に問題なければすぐに回復するとは思いますが。

なお、この仕様を利用して「低い」品質インデックスをリセットしようと考える人もいるかもしれませんが、その場合にリセットすべきはキーワードの品質ではなく、あなたの現在の広告運用の品質の方だと思われます。