「年齢・性別」ターゲティングの精度を世に問わんとするヤフーに敬礼 | リスティング広告 運用支援

「年齢・性別」ターゲティングの精度を世に問わんとするヤフーに敬礼

シェアする

性別や年齢が「不明」なユーザーに対するターゲティング機能が、YDNに追加されます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の性別、年齢ターゲティングにおいて、ターゲティング項目に「不明」を追加します。本追加により、性別や年齢を判別できない不明のユーザーに対して広告配信が可能になります。

以下、性別ターゲティングの場合の広告配信イメージ。

性別ターゲティング

ヤフーによる性別や年齢のターゲティング広告は、実際どれだけ効果があるのか?

その真実のほどを、ヤフー自らが遂に世の中に問わんとする日がやってまいりました。

特定の性別や年齢にターゲティングした広告よりも「不明」ユーザー対象の広告の方がパフォーマンスが上だったりしたら、どうするんでしょうか?

いままでの年齢性別ターゲティング機能とは何だったのか? 要するにターゲティング使わないほうが良くね? というYDNターゲティング機能の根本を揺るがす事態へと爆発炎上する一抹の不安が拭いきれません。

しかしッ! それでもッ!

ヤフーの命がけの行動ッ! わたしは敬意を表するッ!

もちろん、年齢性別ターゲティングの類い稀なる有効性が実証され、YDNターゲティング機能の効果のほどが「世界一ィィィ!」とドヤ顔で喧伝されるのならば、リスティング広告を生業とする者として、これに勝るグッドエンディングは存在しません。

ただし。

属性が「不明」のユーザー数があまりにも多すぎないか? という、別な意味での懸念材料が浮上してくる可能性は否定できませんが。ヤフーIDの利用者って少ないんだ的な。いや待てよ。既にユーザーローカルのデータも使ってるのか?