YDN「サイトリターゲティング」用のタグを発行してみた | リスティング広告 運用支援

YDN「サイトリターゲティング」用のタグを発行してみた

シェアする

昨日、公式にリリース発表がありました、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の「サイトリターゲティング」用タグの発行開始。

タグの取得方法ならびに設置方法は、以下のヘルプで説明されています。

で、さっそくやってみました。

「サイトリターゲティング」用タグの生成方法

広告管理ツールの「広告管理:YDN」から対象アカウントを選択。そして「ツール」タブをクリック。ツール一覧の「ターゲットリスト管理」からタグを取得します。

ターゲットリスト管理

最初に「ウェブサイトのプライバシーポリシーに記載すべき内容」について同意を求められますので、「同意する」にチェックを入れ、「サイトリターゲティング用のタグを取得する」をクリック。

サイトリターゲティング用のタグを取得する

すぐにタグが生成されますので、あとはウェブサイトのhtmlソースの</body>タグの直前に貼り付ければOKです。

「サイトリターゲティング」の各種ヘルプコンテンツ

なお、サイトリターゲティング広告の一般公開は「2013年5月下旬」との事ですが、それまでに以下のヘルプには目を通しておいたほうがよいです。

サイトリターゲティングの基本的な説明が書かれています。

サイトリターゲティング広告の配信対象ユーザーを「訪問ページごとに細かく指定」する場合に必要な「ラベル機能」の設定について説明されています。

サイトリターゲティング広告を利用するにあたって、広告主のウェブサイトの「プライバシーポリシー」的なページへの記載が求められる内容について説明されています。要するに、サイトの訪問者に対し、「行動ターゲティング広告用に皆さんの行動履歴を取得してますが何か?」とドヤ顔で宣言しておく必要があるということです。