Y!mobileによるヤフーの「スマホ検索」シェア拡大計画 | リスティング広告 運用支援

Y!mobileによるヤフーの「スマホ検索」シェア拡大計画

シェアする

アンドロイド端末におけるヤフー検索シェアの拡大が、Y!mobile(ワイモバイル)のひとつの使命。

Y!mobile(ワイモバイル

先日のヤフー決算発表時の説明によりますと、アンドロイド端末上での検索シェアでGoogleに負けているとのこと。まあそうだよね。

Q: 検索連動広告が伸び悩んでいる、すなわち単価が伸びていないのだが、スマホにおけるヤフー検索のシェアはどの程度なのか。

A:内部調査によると、iOS経由の利用に関しては Google検索とほぼ同等。Android経由の利用は3割程度でGoogleが優位である。iOSのシェアはジリジリとあがっており、全体観としてはスマホの検索は市場の成長率を超える成長で推移していると考えている。

アンドロイド端末経由の検索シェア獲得は、検索連動型広告の収益を上げるためにも、ヤフーにとって必須であるわけです。そこで、事態打開の切り札となるのが、今回のY!mobileであり、中でも「パケットマイレージ」というサービス。

パケットマイレージ

パケットマイレージ

マイルを獲得するには、ワイモバイルの電話番号と連携済みのYahoo! JAPAN IDでログインした状態で、Yahoo! JAPANアプリ、または、Yahoo! JAPANのスマートフォン版トップページをご利用いただく必要があります。

パケットマイレージを獲得するためには、Yahoo! JAPAN IDでログインし、「Yahoo! JAPANアプリ」もしくは「Yahoo! JAPANのスマホ版トップページ」を利用する必要があるとのこと。当然ながら、Y!mobileアンドロイド端末上でのヤフー検索の回数は増えると思われます。

しかもログイン必須ということは、ヤフーID(もしくは端末の契約者情報?)に登録されているユーザーの属性データが取得できます。したがって、YDN広告における属性ターゲティングの正確性の改善も期待できるという一石二鳥。

なお、Y!mobileユーザーの皆さまにおかれましては、このサービスを利用してマイルを貯めたからといって、無料で航空券がもらえたりといった特典は一切ありませんので、その点には注意が必要です。

Y!mobile公式サイトの飛行機のイメージ画像でくれぐれも誤解されぬように。