クリックせずにはいられなかったGDN広告に見るイメージ広告の本質 | リスティング広告 運用支援

クリックせずにはいられなかったGDN広告に見るイメージ広告の本質

シェアする

広告! クリックせずにはいられないッ!

ドキドキしますよ

思わずクリックしたのは、男としての本能です。

反射的にスクショ撮ったのは、リスティング広告屋としての習性です。

広告運用の視点から話をすると、いわゆるイメージ広告とは「イメージ(画像)を配信する」広告という意味ではありません。

インターネットユーザーに「イメージ(想像)させる」広告というのがその本質。

画像イメージは、あくまでユーザーの想像力を補完する小道具に過ぎません。

その点を踏まえて今回の広告を見てみれば、文字だけで構成されたこの広告の持つ「イメージ喚起力」の凄さが実感できるのではないでしょうか。

ええ。妄想しましたとも。コンマ数秒で。

脱いだの!?

……とね。

目に入るのは「詳細はコチラ」のCTA(Call to Action)のみ。J:COMの絡みでそれはありえへんやろ、という常識的思考はどこへやら。

その瞬間、自分の中でCTRは「100%」に到達。もはやクリックする以外の選択肢は残されておりません。まさに広告主の掌中で転がされているようなものです。

ちなみに、広告のランディングページがどれほどのものだったか。

真っ先に浮かんだイメージを具現化してお伝え致します。

こんな感じ。

コレジャナイロボ
コレジャナイロボ

これが噂のドキドキ詐欺ってヤツか。

なお、その後J:COMによるリマーケティングの集中砲火に晒されているのは言うまでもありません。

J:COMによるリマーケティング

恐るべし加藤夏希からのリマケコンボ。威力半端ないっす。