YDNの「インタレストカテゴリー」が細分化され精密爆撃が可能になるそうです | リスティング広告 運用支援

YDNの「インタレストカテゴリー」が細分化され精密爆撃が可能になるそうです

シェアする

特定のキーワードを狙い撃つ検索連動型広告のスポンサードサーチを「狙撃」とすれば、圧倒的なインプレッション数の中からコンバージョンを拾うYDNは「爆撃」に例えることができます。

そんなYDN広告のターゲティング機能のひとつである「インタレストカテゴリー」が機能改善され、より精密な「爆撃」が可能になる模様です。

今回の機能改善によって、何が変わるのか?

インタレストカテゴリーの細分化

新しいインタレストカテゴリー

これまで以上に細かなターゲティング設定に基づいたYDN広告の投下が可能になります。なお、現在の設定内容からカテゴリーの種類が変更されますので、カテゴリーの再設定が必要になるケースも出てきます。

例として、上記の「コーヒー、紅茶、お茶」の場合、商材がコーヒーの広告主の方は、手動で「コーヒー」のみに設定変更することによって、より精密なターゲティングで広告運用できるはずです。

なお、現在の「インタレストカテゴリー」がどのように変換されるのかについては、対応表のPDFファイルをダウンロードしてご確認ください。

デバイスごとのリーチ数を表示

カテゴリーごとに、デバイス別の「リーチ数」が表示されます。

あくまで予測値であるとはいえ、大まかな「ユニークユーザー数」が事前に分かるのは便利ですね。

その他の注意点

バルクインポート用のテンプレートも新しくなるようですから、インタレストカテゴリーが細分化された後のインポート作業には注意が必要です。