アドワーズの「入札戦略ツール」は究極の自動入札という超難問に対するGoogleの最終解答か | リスティング広告 運用支援

アドワーズの「入札戦略ツール」は究極の自動入札という超難問に対するGoogleの最終解答か

シェアする

アドワーズ広告の「入札価格」を自動的に調節する新ツールの導入が発表されております。

キーワードは「柔軟性」だそうです。

いろいろと細かい設定が可能である点はヒジョーにありがたい。

入札価格の「マニュアル管理」と複数ルールによる「自動化」を臨機応変にアレンジできるという仕組みは、リスティング広告の運用手法として魅力的。

いやむしろ本音を言えば、入札価格の調整は「完全に自動化」して、キーワード戦略や広告文のテスト等に全兵力を投入できるという最終解答を求めたい。すべては、あくまでツールの性能次第なのですが。

複数の異なる「入札戦略」が干渉し合った場合はどうなるのか? など、詳細が気になります。