スポンサードサーチの広告グループ構成に迷ったら思い出すべきこと | リスティング広告 運用支援

スポンサードサーチの広告グループ構成に迷ったら思い出すべきこと

シェアする

スポンサードサーチのキャンペーンを作成する際、広告グループの分け方(キーワードのグルーピング)に迷うという話を聞きます。

ひとつの広告グループ内にまとめてよいキーワードの判別がつかない、という悩みのある方は、たったひとつのことだけ思い出してください。

広告グループ内の「広告」と関連性の高いキーワードをまとめる。

同一の広告グループ内に存在するキーワードに対しては、すべて同じ「広告」が表示されます。つまり、キーワードのグルーピングの基準は、その広告グループ内に存在する「広告」との関連性なのです。

広告グループの役割を一言で説明すると、「キーワードと広告の関連性を高めるための箱」ということになります。

キーワードと広告文(そして、リンク先URLのコンテンツ)の関連性は、効果的なリスティング広告運用の要です。その関連性を高めるという目的のために存在するのが、広告グループという単位。

繰り返しますが、ひとつの広告グループには、その広告グループ内の「広告」と関連性の高いキーワードのみを入れるようにしてください。