スポンサードサーチの上位入札価格が高騰しがちな業種 | リスティング広告 運用支援

スポンサードサーチの上位入札価格が高騰しがちな業種

シェアする

スポンサードサーチのキーワード入札価格は広告主側で自由に設定できる(1円~9,999円)わけですが。

業種によっては主要なキーワードの上位入札に必要な入札価格が高額となるケースもあります。(もちろん、掲載順位については、入札価格だけでなくキーワードの品質も影響しますが)

例えば以下のような業種では、関連キーワードの上位入札価格が高騰(目安として1,000円を超える場合もある)しがちです。

金融(キャッシング・ローン)
保険(生命保険・医療保険)
探偵・興信所
税理士・会計士
インターネット回線(フレッツ光)
レーシック
インプラント
整形外科・美容外科

必ずしも「入札価格=実際のクリック課金額」ではありませんが、これらの業種では、よりコスト管理を意識した施策が必要になります。

一般的に言って、コンバージョンあたりの利益が高い商材や、継続的に収益が得られるサービスについては、関連キーワードのクリック単価は高騰する傾向にありますが、価格は市場によって決定されるわけですから、当然と言えば当然かもしれません。