スポンサードサーチ Ver.3 過去の日付の【コンバージョン数】が増加してゆく理由 | リスティング広告 運用支援

スポンサードサーチ Ver.3 過去の日付の【コンバージョン数】が増加してゆく理由

シェアする

スポンサードサーチ Ver.3の広告管理ツールでコンバージョン数の確認をしていると、日が経つにつれて、過去の日付のコンバージョン数が増加していることに気付きます。

これは別にシステムの不具合ではなく、コンバージョン測定機能の仕様上、普通に発生する事象です。

まず、スポンサードサーチ Ver.3のコンバージョン測定の仕様に関して、以下2点は基礎知識として覚えておいたほうがよいです。

(1) 広告クリック後、30日間はコンバージョン測定の対象期間
(2) コンバージョンが付与されるのは、そのコンバージョンを誘導したクリックが発生した日(実際にコンバージョンが発生した日ではない点に注意!)

コンバージョン数の計測は、コンバージョンが発生した日ではなく、コンバージョンに到達するきっかけとなったクリックが発生した日に対して行われます。

つまり、広告がクリックされてから30日間は、過去の日付に対してコンバージョンが測定される可能性があるということです。

したがって、最終的なコンバージョン数の確定値を把握したい場合には、過去30日間より以前のレポートデータを取得する必要があります。