「キーワード入力補助」を利用したキーワード探しをさらに効果的にするためのヒント | リスティング広告 運用支援

「キーワード入力補助」を利用したキーワード探しをさらに効果的にするためのヒント

シェアする

検索広告のキーワードを選ぶ際、検索エンジンのサジェスト機能である「キーワード入力補助」の情報を参考にする方も多いかと思います。

検索エンジン側から提案されるキーワードについては、検索クエリーとしてある程度の検索数が期待できますし、自分では思いつかなかったキーワードを教えてくれるという点でも、とても参考になります。

さて、この「キーワード入力補助」ですが、検索の「種類」によって、提案されるキーワードが異なるという事実をご存じでしょうか。

例えば、ヤフー検索で「猫」というキーワードを入力した場合。

ウェブ
ウェブ

画像
画像

動画
動画

知恵袋
知恵袋

ショッピング
ショッピング

ヤフオク!
ヤフオク!

レシピ
レシピ

上記のように、検索の「種類」に合わせて最適なキーワードが提案される仕組みになっています。

「キーワード入力補助」から入札キーワードや対象外キーワードの候補を抽出する際、これまでメインの「ウェブ」しか見ていなかった方は、その他の検索における提案キーワードにも目を向けることで、新たな気付きを得られるかもしれません。