「入札価格調整率計算ツール」が暗示する「PC&タブレット」が離婚という未来 | リスティング広告 運用支援

「入札価格調整率計算ツール」が暗示する「PC&タブレット」が離婚という未来

シェアする

現時点では「PCとタブレット端末」が一蓮托生のアドワーズ&スポンサードサーチですが。

ヤフーが新たに導入した「入札価格調整率計算ツール」の仕様に刮目せよ!

PC&タブレット

まさかの「家庭内別居」状態。すでに夫婦仲は冷え切っているのかも。タブレット端末のユーザー数が増えるにつれ、「私はPCのオマケじゃないのよ、自立するわ」的な一騒動があったのでしょうか。知らんけど。

ひょっとすると、早ければ年内の記者会見で「離婚」が発表され、PCとタブレット端末それぞれ別々に広告配信の設定が可能になるという新たな道を歩んでゆくのかもしれません。お互いの将来を考慮して的な。はたして第一報のスクープ記事は、文春でしょうか現代でしょうか。

中吊り広告の見出しは、

PC&タブレット端末、爆速離婚! 原因はSE○の不一致か?

でお願い致します。あ、もちろんSEMですよ。

ヤフーは意図せずしてこのような「伏線」を張るのが好き?なので、近い将来やってくれるのではないかと半ば本気で妄想しております。