「iOS7」誕生でSafariの「プライベートブラウズ」が地味に脅威な件 | リスティング広告 運用支援

「iOS7」誕生でSafariの「プライベートブラウズ」が地味に脅威な件

シェアする

また随分と目立つ位置にあるじゃあねーか。

プライベートブラウズ

要するに「プライベートブラウズ」の使用がスゴく簡単になったわけです。

そして一度設定されたら、ブラウザ落として再起動してもそのまま設定継続。ユーザーが手動で「オフ」に再設定するまでは、いつまでもプライベートブラウジング状態が続きます。

その間はCookieが保存されません(よね?)から、リスティング広告の「コンバージョン測定」とか「リターゲティング広告」に影響が出てくるわけですね。

どの程度のユーザーが「プライベートブラウズ」を意図的に「常時オン」にするかは分かりませんが、設定が簡単になったことで使用するユーザー数は間違いなく増えると思われます。そして一度設定した後でそのまま「オフ」にすることを忘れるユーザーの数も。

したがって、スマホのリスティング広告の「コンバージョン」が実際の数値よりも少なく計測されたり、「リターゲティング広告」の配信数が減少したり、という可能性は覚悟しておいたほうがよいかもしれません。