リスティング広告で「やるべきこと」と「やるべきでないこと」 | リスティング広告 運用支援

リスティング広告で「やるべきこと」と「やるべきでないこと」

シェアする

リスティング広告の基礎を押さえておきたいという方に。

「やるべきこと」と「やるべきでないこと」

紹介されている項目は、リスティング広告の基本中の基本が大半です。

しかし、それ故に重要。これからリスティング広告を始めようという初心者の人はもとより、広告運用中の方も自らのアカウント運用のチェックリストとしてどうぞ。

リスティング広告の運用で「やるべきこと」

  1. キーワードツールを活用する
  2. まずは広告配信し、パフォーマンスを計測する
  3. リターゲティング(リマーケティング)広告を使う
  4. ABテストを実施し、最もコンバージョンに貢献する広告を探る
  5. 広告テキスト(クリエイティブ)を最適化する
  6. 事前に十分なキーワード調査を行う
  7. 広告グループは細かく分ける
  8. コンバージョンを計測する
  9. 優れたウェブサイトを用意する
  10. 広告配信を地域別に最適化する

リスティング広告の運用で「やるべきでないこと」

  1. 単に検索数が多いという理由でキーワード入札するな
  2. クリック数を稼ぐことを目的として広告文を作成するな
  3. キーワードの検索数を気にしすぎるな
  4. 入札価格の釣り上げ競争をするな
  5. ランディングページの効果を軽視するな
  6. 地域ターゲティングを無視するな
  7. ひとつの広告グループにすべてのキーワードをぶち込むな
  8. ランディングページの改善を忘れるな
  9. ビッグキーワードに依存しすぎるな
  10. 広告配信の最適化の手を緩めるな