広告タイトルの「15文字」は長すぎるのか? | リスティング広告 運用支援

広告タイトルの「15文字」は長すぎるのか?

シェアする

リスティング広告の運用では、広告タイトルの「15文字」という文字数制限が常に付いて回ります。

限られた文字数の中で、いかに効果的な訴求を行うかに知恵を絞るわけですが、「Yahoo!トピックス」の皆さんに言わせれば、「15文字は長すぎる」のだそうです。

京都大学大学院の研究によると
人が一度に知覚できる範囲は9~13文字程度なんだそうです。
ちなみにトピックスの見出しも13文字以内でつけています。
みなさんもだいたい13文字を目安に、セクション名を短くしたり、
切り分けてみてはいかがでしょうか?

マジですか? 15文字では長すぎるのですか?

ヤフーショッピングのスポンサードサーチ広告タイトルが短いのはそのためか。

猫

しかし。広い世の中。上には上がいるわけですね。

船

「男は黙って一文字」的な。

広告テキスト文字数の上限一杯まで利用するのがひとつの作戦であるならば、ギリギリまで文字数を絞ることで逆に「目立つ」効果を狙うのもまた戦術。

「15文字」すべてを「使わない」というのもまた、「15文字」の「使い方」の一形態なのです。