広告掲載ガイドラインの審査対象範囲を理解する | リスティング広告 運用支援

広告掲載ガイドラインの審査対象範囲を理解する

シェアする

Yahoo!リスティング広告の「掲載ガイドライン」では、それぞれの項目ごとに広告掲載審査の対象範囲が異なります。

したがって、各項目の対象範囲を正しく理解し、適切に対応することが必要です。

まず大前提として、審査対象は以下の3つに大別されます。

  1. キーワード
  2. 広告テキスト(タイトル、説明文、表示URL)
  3. リンク先URLのウェブサイト上のコンテンツ

ガイドラインの内容によっては、上記「1~3」の一部のみが審査対象となる場合もあれば、すべてが審査対象となることもあります。

例を挙げれば、いわゆる「最高・最大表現」は広告のタイトルや説明文で使用するとガイドライン違反となりますが、広告リンク先のウェブサイト上に表記する分には問題ありません。(ただし、あまりにも誇大表記が過ぎると判断された場合には「景品表示法」違反で掲載不可となるケースもあります)

掲載ガイドラインは公開されていますので、一度目を通してガイドラインの詳細を確認しておくことをお勧めします。