「ナイトワーク求人」の広告掲載ガイドラインを新設したヤフーの意図を推察

「ナイトワーク求人」の広告掲載ガイドラインを新設したヤフーの意図を推察

シェアする

「2014年4月1日(火)」から適用されるヤフープロモーション広告の「広告掲載ガイドライン」の変更点について。

ひとつ目の「治験者の募集」については、この記事ではスルーします。かなり特殊なケースですから。

より多くの広告主に影響すると思われるのは、「ナイトワーク求人を追加」のほうですね。

35. ナイトワーク求人

(1) 総合求人サイトを運営していること
(2) 全国求人情報協会に加盟していること

あくまで推測ですが、特にスマホの検索広告で「お水系」求人広告の入稿が相当増えているという状況が考えられます。

キャバクラ求人

クリック単価が高騰するのは想像に難くないですから、ヤフーとしても美味しいキーワード市場です。ただし、広告主に一定の制限を設けないことには、怪しげな広告掲載が乱立する恐れも。

そこで、今回の「広告主のフィルタリング」が導入されることになったのではないでしょうか。実質的には、「ただし大手求人サイトの広告に限る」ということになるかと。

自社運営の「ガールズバイト」へのスポンサードサーチ入札を利用して、ある程度なら平均CPCの釣り上げが可能という点も見過ごせない重要な うわなにをするやめrqあwせdrftgyふじこlp