あなたはリスティング広告の仕事で生き残ることができるか?

あなたはリスティング広告の仕事で生き残ることができるか?

シェアする

リスティング広告業界における仕事の未来について。

リスティング広告の日本市場が誕生してから、早10年の時が流れました。ある意味たった10年で「コモディティー化」の心配をせねばならないほど、この業界の成長速度は早い。

SEM業界の発展に比例して、リスティング広告の運用に携わる人の数が増え、広告運用担当者の「希少性」が失われてきている。広告管理ツールの「自動化」の流れによって、人の手による広告運用の必要性が減じ始めている。

米国と日本では前提条件が異なるのは確かです。それでも、米国における「いまそこにある危機」が、日本における「明日の危機」となり得る可能性は否定できません。

では、今後のリスティング広告業界で「生き残る」ことができるのは、どのような人材なのでしょうか? そして、その中に、あなたは含まれているのでしょうか?

どのような「付加価値」を身につけるべきなのか。どういった「立ち位置」で経験を積むべきなのか。最終的には自分自身で試行錯誤しながら歩いてゆくしかありませんが、ひとつだけ確かなことがあります。

リスティング広告とは「仕組み」です。

最小の手間やコストで最大の効果を上げられるような「仕組み」を構築することが、リスティング広告の運用における究極的な目的ではないでしょうか。

商品やサービスを「売る」ためにリスティング広告を利用するのならば、広告を掲載すればするほど収益が増えるという状態を創り出してみせることです。

自分のためでも、会社のためでも、クライアントのためでもいいのですが、目的を達成するための「仕組み」を生み出すことのできる人は強い。

あなたにとって、リスティング広告業界の現状は「危機」でしょうか?

それとも、またとない「好機」なのでしょうか?