「入札価格調整率計算ツール」が教えてくれたクリック単価「99,990円」の衝撃

「入札価格調整率計算ツール」が教えてくれたクリック単価「99,990円」の衝撃

シェアする

スポンサードサーチの各種「入札価格調整率」の掛け合わせで算出される、最終的な入札価格を計算できるツールが公開されました。

キャンペーン詳細の「入札価格調整率」の右横にひっそりとテキストリンクが設置されております。

入札価格調整率計算ツール

リンクをクリックするとポップアップ画面が立ち上がり、そのキャンペーンに設定済みの「入札価格調整率」の情報をもとに、実際の入札価格の上限値が表示されます。

入札価格調整率計算ツール

ちなみに、どれだけ「調整率」を掛け合わせても、最大値が「+900%」を超えることは無い模様。

また、調整後の入札価格の最大値は「99,990円」になるとの……

ワンクリックで「99,990円」だとぉぉぉ!?

入札価格の最大値はあくまで「9,999円」でリミッターが機能すると思ってましたが、どうやら違ったようです。この事実が判明しただけでも、ヤフーがこのツールをリリースしてくれた意味があるというものです。主にネタ的に。

それから、One more thing…

「広告グループ」に設定された「スマートフォン入札価格調整率」の数値については、このツールによる計算の対象外です。要注意。

ツールによる計算で安心してたら「スマホのクリック単価が3倍」になってた系のクレームは明らかに頻発しそうでカスタマーサポートよマジ頑張れ。