Googleの「スマホ対応」アルゴリズムで検索順位が下落した実例

Googleの「スマホ対応」アルゴリズムで検索順位が下落した実例

シェアする

先日ついに実装された、Googleスマホ検索の「モバイルフレンドリー」アルゴリズム。

「2015年4月21日」より、モバイル版のGoogle検索において、ウェブサイトの「スマートフォン対応」が、自然検索結果の順位を決定するランキング要因として採用されるとのこと。

同アルゴリズムの導入後、実際の検索順位にも変動が起きているようです。

例えば。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告の公式サイトを直撃した模様。

キーワード「リスティング広告」でGoogleスマホ検索した際、「スマホ対応」していないYahoo!プロモーション広告公式サイトの検索順位が落ちてきております。現在12位。検索結果の2ページ目。

以前は検索結果の1ページ目上位の常連でしたが、このところ順位がジワジワと下落中。ちなみに、PC版のGoogle検索では「1ページ目」の検索順位を維持。

スマホ対応すれば、また一気に上位まで駆け上がってくると思うのですが。

今後のヤフーの対応は如何に。