ヤフーによる「競合キーワード入札」の推奨は手違いだったことが判明

ヤフーによる「競合キーワード入札」の推奨は手違いだったことが判明

シェアする

先日公開されたYahoo!プロモーション広告の「2015年ゴールデンウィーク対策キーワードパック」に関して、10日ほど前に次のようなエントリーを書いたのですが。

いわゆる「指名系ワード」が大量に含まれていますが、検索広告で入札しても問題ないのか?

その後、ヤフー側に爆速(死語)で反応がありました。

2015年ゴールデンウィーク対策キーワードパック

4/17に公開したキーワードパックの内容に不備があり、4/21に修正を行いました。

早速、最新版のキーワードパックをダウンロードしてみたところ……

人材サービス・求人

ですよねー。

競合関連の「指名系ワード」が見事に消失し、さらには以下の文言が追記されました。

※広告主様のビジネスと関連性のないキーワードを入札した場合、審査によって掲載できかねる場合があります。

もしかすると、競合の「指名系ワード」への入札は基本的に認めないよ、というヤフーの意思の表れなのかもしれません。いや明らかにそーだろ。