意外ッ!? リスティング広告の掲載はSEO的にメリットがありそう(*ただしメディア側に限る)

意外ッ!? リスティング広告の掲載はSEO的にメリットがありそう(*ただしメディア側に限る)

シェアする

Googleの自然検索結果の中に「vector.co.jp」の検索結果ページ(ややこしい)が出てくるのですが。

表示されているサイトの説明文に注目。

Googleの検索結果

で、こちらがGoogle検索結果から遷移するリンク先ページ。

vector.co.jpの検索結果

vector.co.jpには、検索連動型広告としてYahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」が表示されていますが、よく見ると、スポンサードサーチの広告テキストが、そのままGoogleの自然検索結果に反映されているのが分かります。

これはすなわち「vector.co.jp」に掲載されてるスポンサードサーチ広告が、Googleのクローラーに拾われているということになります。

リスティング広告に入札しても「SEO対策として直接的に役立つことはない」というのが、広告を出稿する側の常識です。

なぜなら、自社のサイトに対してリスティング広告のリンクをどれだけ張ったとしても、それが自然検索結果のランキングに影響を与えることは一切ないからです。

しかし、リスティング広告を自社のウェブサイト上に掲載するメディアパートナーの立場からすると、Googleがサイト上の広告テキストをコンテンツと見なしてくれるという点で、リスティング広告がSEO的に意味を持つ、という事実はあるのかもしれませんね。

おまけ。

マカフィー

マカフィーは自社商標に対するアドワーズ広告の入札制限してないのか。