サーチターゲティングで競合他社の「商品名」や「ブランド名」にリスティング広告入札する

サーチターゲティングで競合他社の「商品名」や「ブランド名」にリスティング広告入札する

シェアする

競合他社の「商品名」や「ブランド名」に関連するキーワード検索を利用した、リスティング広告入札について。

サーチターゲティング

検索広告(ヤフースポンサードサーチ、Googleアドワーズ広告)では、競合他社の商品名やブランド名へのキーワード入札は、一般的に「NG行為」とされています。

実際問題として入札できないわけではないのですが、ヤフーもGoogleも商標絡みの広告入札に対しては、独自に掲載審査を実施し、広告掲載の停止という結果に至ることも。

しかしその一方、ヤフーはYDN広告(サーチターゲティング)において、競合他社のブランド名や商品名を利用したリスティング広告入札を、公式に推奨しております。

サーチキーワードの選び方

スポンサードサーチでは登録できない、競合他社の商品名やブランド名も、サーチターゲティングならサーチキーワードリストに登録することができます。類似した商品を探しているインターネットユーザーを獲得することができます。

検索広告のキーワード入札には制限がありますが、YDN広告に関しては、競合他社の「商品名」や「ブランド名」を利用したリスティング広告入札が認められているという点は、覚えておいて損はありません。