リスティング広告のキーワード選定の「悩み」を解決する方法

リスティング広告のキーワード選定の「悩み」を解決する方法

シェアする

リスティング広告(検索連動型広告)で効果的な「キーワード」が思い浮かばないという「悩み」を抱えるあなたへ。

悩み

コンバージョンを生み出す検索キーワードの選び方が分からない。

そんなとき、あなたはどうしますか?

ひとつの手段として、おそらくヤフーなりGoogleなりの検索エンジンで「検索」し、あなたの悩みを解決してくれる情報を、インターネット上に探し求めるのではないでしょうか。

あなたが今この記事を読んでいるという事実も、そのような理由で検索してみた結果なのかもしれません。

ここにひとつの真実があります。

人は悩みを抱えると「検索」する。

そうです。

人は悩み事があると、その悩みを解決する方法を探し求めて、インターネットで検索します。

であるならば、ユーザーが「悩み」を抱えたときに検索するキーワードに広告入札し、御社の商品やサービスを解決策として提案すればよいのでは?

  1. 自社の商品やサービスは、消費者のどのような「悩み」を解決できるのか?
  2. その悩みを抱える消費者は、どんなキーワードでインターネット検索するのか?

上記2点について考えてみると、それまで思いもしなかった入札キーワードが見つかるかもしれません。