スポンサードサーチでキーワード市場調査

スポンサードサーチでキーワード市場調査

シェアする

*以下の内容は 「スポンサードサーチ Ver.3」 に対応しています。

Yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチには、純粋な広告目的以外にも利用価値があります。それは、「キーワードの市場調査」という使い方です。

Webマーケティングの世界では、キーワードの検索数を調べるツールが多々出回っていますが、数値の根拠となるロジックを公開しているものはまずありません。そこで、リアルタイムで信憑性の高い検索数を調べたければ、スポンサードサーチでそのキーワードに対し、「完全一致」入札をしてみましょう。

計測されるインプレッションから、おおよその検索数を推測することができます。

【注1】
「インプレッション」と「検索数」は、完全には一致しません。一例を挙げれば、キャンペーン予算を設定している場合、配信制限によって「インプレッション」が低く抑えられます。

【注2】
「インプレッション」数はYahoo! JAPAN上の数値がメインですが、他のパートナーサイトの数値も含まれています。

キーワードのおおよその検索数が把握できれば、あとは、効果の高そうなキーワードでSEO対策を行うなど、取得したデータを有効活用すればよいだけです。