YDNにフリークエンシーコントロール(=ストーカー広告規制)機能が実装されます

YDNにフリークエンシーコントロール(=ストーカー広告規制)機能が実装されます

シェアする

1人のユーザーに対する広告表示回数をコントロールすることが可能になります。

「2014年2月22日(土)」のローンチ予定。

同機能について分かりやすく説明しますと、広告配信対象のユーザーに対する「接触機会」を制御することができるようになる機能です。

特にサイトリターゲティング広告に顕著ですが、ターゲティングされたユーザに対して、しつこく同じ広告ばかり表示させると、そのユーザーに「ウザイ死ね」と思われてしまう恐れがあります。

いわゆる「ストーカー広告」というヤツですね。

そこで、ひとりのユーザーに対する広告の配信回数を抑制することで、ある程度の接触頻度を保ちつつ、悪い印象を持たれないようにする。

それを実現するのが、今回実装されます「フリークエンシーコントロール」という機能です。つかず離れず。ユーザーと程よい距離感を維持しましょうというわけですね。しつこすぎる男と広告は嫌われますから。

ちなみに、設定できる階層が「キャンペーン・広告グループ・広告」の中から選べるため、複数の広告を頻度を変えて出し分けるという目的にも使用できます。むしろそういった利用の方が多いのではないでしょうか。

ひとりで付きまとうとヤバイ。
じゃあ何人かで分担してストーカーすればよくね?

……というロジックですね。現実社会ではいろいろと間違ってますが、ネット広告ではアリなんです。多分。

なお、同機能の実装に伴い、広告管理ツールのメンテナンスが行われます。

上記のお知らせページと別途配信されたアラートメールとで、影響範囲がビミョーに異なっておりますが大丈夫なんでしょうか?

念のため、スポンサードサーチの「新規アカウント作成」「アカウント情報編集」も機能しないと認識しておいたほうがよさそうです。

それから、YDNのインポート用csvファイルの仕様も変更されます。

フリークエンシーコントロール機能追加後にインポート機能を利用する際は、新たにダウンロードしたファイルをご利用ください。

旧仕様のファイルはエラーになる模様。地味ですが注意すべし。