インタレストマッチ キーワードの検索数にこだわるな

インタレストマッチ キーワードの検索数にこだわるな

シェアする

インタレストマッチ広告のキーワードを選ぶとき、注意すべきことがあります。それは、

インタレストマッチは「検索連動型広告」ではない

という点です。

スポンサードサーチの場合、「インプレッション」に直結する「検索数」は、キーワード選びの重要なポイントです。しかし、インタレストマッチのキーワード選択では、「検索数が多い=インプレッションが多い」と安直に考えると失敗します。

実際には、「検索数」の多いキーワードに対して期待通りのインプレッションがつかないこともあれば、逆に「検索数」のそれほど多くないキーワードが多くのインプレッションを稼いでくれるケースもあるのです。したがって、スポンサードサーチで入札しているキーワードをそのまま採用するというわけにはいきません。

インタレストマッチの広告管理ツールで利用できる「キーワード抽出機能」を活用するのもひとつの方策です。が、まずは自分のサイトコンテンツを見直し、関連するキーワードがあればとりあえず入札して、インプレッション数を実地に検証してみましょう。

リスティング広告運用の王道があるとすれば、それは「実地検証」に他なりません。実際に試して確認された「事実」は、理論上の正答よりもはるかに役に立ちます。