ヤフー広告「キャンペーンエディター」の利用が一般ユーザーにも開放されます

ヤフー広告「キャンペーンエディター」の利用が一般ユーザーにも開放されます

シェアする

Yahoo!プロモーション広告の入稿支援ツールとして、現在のところ代理店限定で利用されている「キャンペーンエディター」ですが。

いよいよベータ版を卒業し、一般の広告主も利用できるようになる模様。

「キャンペーンエディター」の提供対象範囲は現在順次拡大をはかっております。今回のバージョンのリリースに伴い、広告代理店に限らず一部の広告主様にもご利用いただけるようになります。

アップロードされるデータトラフィックの状況を見極めながら、徐々に利用者数を拡大してゆくものと考えられます。

「一部の広告主様にも」とあるのは、恐らく大量の「スパム入稿」に利用されるという懸念があるためでしょう。入稿データを処理するサーバーの負荷はともかく、掲載審査に及ぼす影響は甚大ですので。

要するに、スポンサードサーチの「インポート機能」と同じ扱いです。真面目に使ってくれる人にだけ提供するよ、ということ。