リスティング広告の初心者が絶対に知っておくべき「10の黄金律」

リスティング広告の初心者が絶対に知っておくべき「10の黄金律」

シェアする

リスティング広告運用の「基本知識」が簡潔にまとめられている英文記事より。

リスティング広告の運用を始めようと考えている皆さま。まずはここから始めましょう。

1.「コンバージョン測定」を行うべし

常に、必ず、絶対に、コンバージョンを測定しましょう。広告運用の目的が何であれ、コンバージョン測定は広告効果を把握する上での指標となります。

2.「ランディングページ」は個別に設定すべし

「リンク先URL」としてウェブサイトの「トップページ」を設定するというミスを犯せば、広告費の浪費で卒倒することでしょう。個々の広告に対して、最適と思われるページを「リンク先URL」に設定しましょう。可能な限りコンバージョンに近いページへと、見込み客を「着地」させるべきです。

3.「入札価格」の設定は「コンバージョン率」を考慮すべし

たとえ広告予算が潤沢であったとしても、それは無駄遣いすべきということではありません。「コンバージョン率」や「投資利益率」といった数値を常に念頭に置きつつ「入札価格」を決定しましょう。「損益分岐点」を超えた金額で広告入札すべきではありません。

4.「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」は分けて運用すべし

「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」は、別のキャンペーンで運用しましょう。なぜなら、両者の運用方法は「完全に異なる」からです。

5.「拡張機能」を友とすべし

広告の「拡張機能」は積極的に利用しましょう。ユーザーの検索意図に対する広告の「関連性」を高め、「クリック率」を改善してくれます。

6.「除外キーワード(対象外キーワード)」を友とすべし

自社商品やサービスと関連性の薄いクリックに対してお金を払いたい人はいません。すべてのキーワードを「完全一致」で運用している場合を除き、「除外キーワード(対象外キーワード)」の登録は必須です。広告費を費やしたくない「検索クエリー」は、広告配信対象から除外しましょう。

7.「毎日」広告運用の状況を確認すべし

毎日のようにアカウントの最適化作業を行う必要はありませんが、ほんの数分間でも時間を作り、毎日アカウントを確認するようにしましょう。それによって潜在的な問題を発見し、広告配信の傾向を把握し、危機的な状況を回避することができます。

8.「広告文」で顧客の「行動を喚起」すべし

検索ユーザーに考えさせ過ぎてはダメです。すべての広告文に、見込み客を適切に誘導するための「行動喚起」の文言を含めましょう。彼らが次に執るべき行動が何であるのか、明確に教えてあげるべきです。

9.「費用対効果」の目標を設定すべし

目標を定めずに広告掲載を始めれば、成果は期待できません。入札価格の決定だけでなく、すべてにおいて「投資利益率」のような目標設定は重要です。

10.「テスト」をひたすら繰り返すべし

広告文をテストしましょう。ランディングページをテストしましょう。入札価格をテストしましょう。それを繰り返しましょう。