お前達はここで待て。ここから先は大人しか入れない聖域なのだ。

お前達はここで待て。ここから先は大人しか入れない聖域なのだ。

シェアする

Yahoo!プロモーション広告では「アダルト」関連の広告掲載をガイドラインで禁止しています。

スポンサードサーチでもYDNでも、アダルト系の広告を入稿しようものなら掲載審査で即バルス。

では、ヤフーの検索結果画面にはアダルトな広告が掲載されていないのかと言えば、実のところそんなことはありません。ヤフーの検索連動型広告は、すでに「聖域」へと勇気ある一歩を踏み出しているのです。

見せてあげよう、スポンサードサーチアダルトを!

18禁広告

「アダルトコミック」で検索した理由は聞かないでくれ。いま重要なのはそこではない。

見ての通り、アダルト系の広告がヤフーの検索結果画面にフツーに掲載されていますね。よく見ると「AD(18禁)」と書かれています。これはラピュタ語で「成人向け広告」を意味します。

通常のスポンサードサーチ広告とは完全に別扱いではありますが、ヤフーの検索結果画面には明らかに「アダルト広告」が掲載されているのです。

アダルト関連の検索クエリーは検索全体のかなりの比率を占めるであろうと容易に推測されますから、ヤフーが本気でアダルト系の検索連動型広告に取り組んだそのとき、全世界は再びヤフーの元にひれ伏すことになるのかもしれません。