スポンサードサーチ広告の最適化機能

スポンサードサーチ広告の最適化機能

シェアする

以下の内容は 「旧スポンサードサーチ(Panama)」 を基にしています。
「スポンサードサーチ Ver.3」 には該当しません。

スポンサードサーチには「広告最適化機能」というシステムが実装されています。これは、広告グループ内に複数の広告が存在する際、よりクリックされやすい(=CTRの高い)広告が優先的に表示されるという仕組みになります。

個人的な見解を述べれば、この「広告最適化機能」は使用しない(=オフにする)ことをお薦めします。理由は、「よくクリックされる広告=成果を上げる広告」であるとは限らないからです。

実際にスポンサードサーチを運用してみるとすぐに分かることですが、なかなかクリックされない(=CTRが低い)が、一度クリックされると高い確率で「成果」に結びつく(=CVRが高い)広告というものが存在します。

こういった「成果を生み出す広告」を見つけ出すためには、「広告最適化機能」をオフにして複数の広告を均等配信させ、そこから生じた成果数を比較する必要があります。