キーワードや広告の入稿はお早めに、という掲載審査の現実に即したアドバイス

キーワードや広告の入稿はお早めに、という掲載審査の現実に即したアドバイス

シェアする

思い立ったとき即座に広告が打てるという点が、リスティング広告のメリットのひとつです。

ただし、「広告掲載審査」というものが存在する以上、キーワードや広告の入稿から広告掲載開始まで、数日のタイムラグが発生することもあります。

Yahoo!リスティング広告の基本的な審査期間は、「PC、スマートフォン、タブレット端末」が約3営業日、「モバイル(ガラケー)」は約5営業日となっています。とは言うものの、全体的な広告入稿量の増加などの影響により、審査遅延が発生する可能性も考慮しておきましょう。

とくに要注意なのが月末月初。代理店による大規模入稿が集中する傾向にあるため、その煽りを食って通常よりも掲載審査に時間を要することがあります。(単純な審査量の増大+システム高負荷のコンボ)

また、掲載審査は基本的に平日の営業日に行われています。週明けの月曜日には、土日に入稿されたキーワードや広告によって審査案件が増加するため、それらの分量によっては審査遅延の一因になることもあります。

期間限定セールや他の広告媒体との連動キャンペーンなど、広告の掲載期間が限られているのであれば、広告掲載の開始日まで最低でも一週間以上の余裕を持って、キーワードや広告の入稿を済ませておくことをお勧めします。キャンペーン開始早々から「審査中」では笑い事では済みませんので。