スポンサードサーチのコンバージョン計測失敗

スポンサードサーチのコンバージョン計測失敗

シェアする

以下の内容は 「旧スポンサードサーチ(Panama)」 を基にしています。
一部の内容は 「スポンサードサーチ Ver.3」 には該当しません。

スポンサードサーチのコンバージョン測定タグを設置後、コンバージョンの計測に失敗する場合、以下の点を確認しましょう。

コンバージョンタグは適切に設置されていますか?

成果確定ページのヘッダー内に貼り付ける必要があります。

コンバージョンタグは管理画面から取得したそのままですか?

コードの一部を改変すると想定通り機能しない可能性があります。

管理画面上で、効果測定機能は「有効化」されていますか?

管理画面上の設定を再確認しましょう。

そもそもコンバージョン自体が発生していない可能性は?

自分でテストコンバージョンを行い、検証しましょう。

なお、インターネットユーザーのブラウザ設定によって、コンバージョンが計測されない可能性もあります。具体的には、以下のようなケースが該当します。

Cookieの受け入れ制限

コンバージョンを発生させたインターネットユーザーが、ブラウザでCookieの受け入れを制限している場合、コンバージョンは正常に計測されません。

Java scriptの無効化

コンバージョンを発生させたインターネットユーザーが、ブラウザでJava scriptを無効化している場合、コンバージョンは正常に計測されません。

これら2点のインターネットユーザー側の要因については対策の施しようがありませんが、実のところそれほど頻発するケースではありません。大半のインターネットユーザーは、デフォルトのブラウザ設定を変更していないものです。