スポンサードサーチ Ver.3 【完全一致】キーワードが【完全には一致しない】場合アリ

スポンサードサーチ Ver.3 【完全一致】キーワードが【完全には一致しない】場合アリ

シェアする

スポンサードサーチ Ver.3におけるキーワードのマッチタイプのひとつ「完全一致」。

一般的な理解としては、登録したキーワードと検索クエリが「完全に同一」である場合に広告が表示されるという解釈になりますが、一部例外もあります。

マッチタイプについて

完全一致

登録キーワードと検索キーワード(インターネットユーザーが検索時に入力した語句)が、スペースや語順も含め、完全に一致した際に広告を表示します。
※一部の検索キーワードにおいて、スペースの有無がキーワードの意味に影響しない場合には、スペースの有無に関係なく広告表示の対象になります

分かりやすく説明すると、

入札キーワード「AAABBBCCC」に対して、検索クエリが「AAA BBB CCC」の場合でも、「完全一致」と見なされ、広告が配信されるケースがあるということです。(A、B、Cはそれぞれ同じ文字列と想像してください)

では、話をさらに一歩進めます。

広告管理ツールで確認できるキーワードの「検索クエリー一覧」では、こういったケースはどのように表示されるのでしょうか。

答え:
インターネットユーザーが実際に入力した検索クエリがスペースを含む含まないに関わらず、スペースを含む形式で表示される。

この「例外的な完全一致」に該当するキーワードの場合、検索クエリとしては、常に「スペースを含む」パターンが表示される模様です。(複数のキーワードで確認済み)

つまり、実際の検索クエリが「スペースあり」「スペースなし」のどちらであったのかについては、「検索クエリー一覧」では確認できないということになります。

配信システム上はどちらも同じキーワード扱いなので、実務的な問題は少ないのかもしれませんが、できれば本来の検索クエリはどちらであったのか、表示し分けてほしいところです。