スポンサードサーチ Ver.3 広告配信回数が激減!【もっともシンプルな対応策】

スポンサードサーチ Ver.3 広告配信回数が激減!【もっともシンプルな対応策】

シェアする

スポンサードサーチ Ver.3 への移行後、広告配信回数の激減を経験されている方も多いのではないでしょうか?

実際のアカウント内容を確認せずに詳細な助言はできませんが、移行後いきなり大半のインプレッションが消失した場合、まずは、以下の各種設定の見直しから始めるのが定石です。

キャンペーン以下の各階層が配信「オン」になっているか
キャンペーン予算と入札価格のバランス
地域ターゲティングの対象地域
曜日/時間帯ターゲティング
登録キーワードのマッチタイプ
対象外キーワード(キャンペーン/広告グループ)とそのマッチタイプ

では、具体的には設定をどのように変更すればよいのでしょうか?

もっとも単純でそれなりの効果が期待できる方法は、
Google Adwordsの設定と同じにするというものです。

ご存知の通り、スポンサードサーチ Ver.3 は広告配信に関して、Google Adwordsと同じシステムを採用しています。つまり、設定をGoogle Adwordsと同様にしておけば、基本的には同じように広告配信されるのではないかという理屈です。(一部の機能制限や掲載パートナーの違いにより、まったく同じとはいきませんが)

スポンサードサーチ Ver.3 の運用ノウハウについて、移行直後の現時点で、これと決めつけるのは時期尚早です。しかし一方で、現在Google Adwordsの広告運用を行っている方であれば、そちらでのアカウント管理の経験は、そのままスポンサードサーチ Ver.3に活かすこともできるはずです。